やぁ
--年 --月 --日 --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年 02月 11日 Wed
についてはまた後で

一先ず第五章を投下したのでその一人語り
tinker_20140811214721a43.jpg

■冒頭部分
ようつべにあれば間違いなく
THE BACK HORNの 「リムジンドライブ」がイメージBGMでした。

ドライブという単語にもいろいろな意味があるので、そこから連想できる展開にしました。
ヅーとのドライブシーンは映画で言う冒頭部分の静かな瞬間をイメージしましたが、上手く表現しきれなかった感があります。
理由は技量不足。
本当ならもう少し長くお話しさせたかったんですが、これと言って会話のネタがなかったのでそのまんまゴールです。
長引かせたくなかったしね。

■瓜゚∀゚)
この人の人物像を分かっていただければ幸いです。
賢いんですけどトラギコには通じないタイプのストレート馬鹿。
新型の棺桶はパシフィックリムのクリムゾンタイフーンをイメージしています。
バイクに乗っていた人物はご想像にお任せします。

■トラギコの動き
刑事ものの映画を見ている方なら分かると思いますが、スタードッグス・カフェでホットドッグを食べたのはダーティーハリーの影響です。
とはいっても、トラギコの人物的なイメージは棺桶の名前と同じで【ブリッツ】のブラントさんからきています。
思想的にはダーティーハリー2寄りの部分があります。


■最後の爆発
このお話では伏線が貼られていませんが、重要なターニングポイントになります。

■質問にあったキング・シリーズ
ドリームキャッチャーなる棺桶やショーシャンクリデンプションの構想はばっちりとあります。
歯車の都の時はプロットを書かずに行けましたが、今回ばかりは設定集がなければ大変なレベルです。

■次回
物語がTinker!!編の終わりに向かっていきます。
このTinker!!編が終わり次第、少し休もうかななーんて思ってます。
決して逃亡だとかなんだとかってわけじゃないです。














■記事名について
作品には二種類あると思います。
自分が書きたい作品と、需要に合わせた作品。

自分は前者です。
読まれるような作品、というのは結局需要に合わせたものなので自分のやりたいこととは大きくかけ離れます。
むしろブーン系作者は前者がほとんどだと思います。
それが読者の方の需要と一致するかどうかのお話です。

読まれる努力ってのは結局、自分のやりたい形から離れるんでございます。
地の分を減らす。
AAと会話による掛け合いを増やす。
分かりやすいキャラクターと単純なストーリー展開。

正直、そんな薄っぺらいの書きたくありません。
ってのが本音です。
それが自分のスタンスです。

■Tinker!!編の次まで間が空きそうな理由
 The Ammo→Re!!の別種というんですか何といいますか、ちょっと挑戦してみたいのでそちらの方を書かせていただきます。
時系列的にはAmmo→Re!!の中に組み込まれるのですが、それを何してこうしてそいやっさとしてみたいのです。
なので、別のお話を作るので時間が空きそうです、ってお話です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。