やぁ
--年 --月 --日 --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年 03月 21日 Fri
というわけで進行状況報告。

reasoning パッケージ

進行状況
■■■■■■□□□□
60%ほど。

やーっと物事の切り口と云うんですかね、転換点に到達です。
この転換点以降は答え合わせとドンパチにする予定。

ロウガ・ウォルフスキンのお姉さんイメージ図。
自分の中ではししょーと呼んでる。
何か描くたびに自分の絵柄が安定してないなーと思う。


ロウガ


以下、持論のため反転。

僕はね、女性の腋が好きなんですよ。
胸なんておまけなんですよ。
言ってしまえば、食事の見た目に一喜一憂しているだけなんですよ。
問題なのはその細部。
その細部にこそ奥ゆかしい美があり、艶めかしい魅力があるんです。
分かりますよね。
料理と同じで、見た目も重要ですが、肝心なのは味。
味とはつまり目に見えない部分での勝負。
腋とは目に見えない美であり、陰部よりも遥かに秘匿された聖域なんです。
そこに興味を持ち、そこに興奮するのは人間の性。
ブルマでも下着でもいいですが、その奥に夢を見るのと一緒。
どのような行動をしていても、そう簡単にお目にかかれない領域に対する希望、そして探求心。
私は女性の腋に夢を持ち、そこに美の本質を見つけたのです。
というわけで絵を描くと大体腋を描きます。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。