やぁ
--年 --月 --日 --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 10月 29日 Tue

まさか日をまたいでも猿を食らい続けるとは思いませんでした^q^


ってわけで、第三章投下しましたので反省会

反省
■バミューダトライアングル
元ネタは実在?の有名なあれです。
ただ、時代が全然違うので地名に若干の変更があります。

■( ФωФ)
おっかねぇおっさん。
接する時に上下を求めない理想的なおっさん。
年齢関係なしに人と接するいかしたおっさん。

■(∪´ω`)の愛銃候補
グロックは論外。
コルトはもっと論外。
この先どんな銃をどのような経緯で手に入れるかは考えてあるので、後はそこ目掛けて動くだけです。

■ローブの繊維“アブテックス”
どう聞いてもゴアテックスです本当にありがとうございました。
absolutly と ゴアテックスの合成語です。


追跡者
今回から登場してもらうReasoning!!編の重要人物。
色んな思惑と狙いを持った人物で、今後も出てきます。
この人が誰か、っていうのを予想してもらえれば幸いです。
これが自分なりの挑戦状だと思ってください。


■£°ゞ°)+(´・ω・`)
ちょっとだけの登場。
あんまり語ることないっす。
でも、このシーンでこの二人がどういう人か分かっていただければと思います。

■やっとこさ
ここに至ってやっと(∪´ω`)が(∪^ω^)の表情を浮かべましたとさ。
これを書きたかった。
これを書けたからもういいや。

■ジュスティア
ここで何が起こっているのかについては、随分前に作中に書いてあるので、まぁその1シーンです。
しばらくドンパチが出来ないので、ここでその栄養分を補給です。

▼全体的に
個人的には満足のいく仕上がりでした。
作品全体を通じて描いているテーマに沿っているので、脱線は今のとこなさそう。
兎に角ブーンの笑顔を出せたからもう満足です。

7/31 デレシアとブーンが出会う
8/1 ヒートと出会う、オセアン崩壊
8/2 オセアン崩壊・旅再会 ペニサスと出会う・ペニサス死亡
8/3 ニクラメン訪問・崩壊
8/4 オアシズ編開始

という流れです。
デレシアとブーンが出会ってからまだ五日目なんですね、これが。
しばらくはオアシズでゆっくりとしてもらいます。
お話上仕方ないですが、訪問先が吹っ飛びまくりで江戸川さんもびっくりですね。

■次回
いつもの通り未定。です。



以下、コメ返し
>>名無しさん
そう言ってもらえるとVIPで頑張って続けられます。
メインがVIPなのに創作板から出張しているとか書かれたので凹んでいたので、本当にありがたいコメントです!
Comment
≪この記事へのコメント≫
Ammo→Re!!のようですResoning編第三章読みました。
シナーのために作ったクッキーを食べる顔は彼の顰め面で、食べるのを見ている(∪´ω`)は不安になる。
ぶっきらぼうに「美味かった」と言って逃げるように去っていった。
美味しかったと聞いた(∪´ω`)の心に喜びと達成感に満ち溢れる。
料理を手伝ってくれたデレシア達のもとへ帰ろうとしたその時、案内板をじっと睨みつけている人物がいた。
その風貌は、厳つく発せられる空気は自然と人を遠ざけそうな空気を発しっている。
どうすれいいばいいか思案しているブーンの耳に獣を思わせる冷たく低い声で話しかけらられる。
怖い、思うより先にこの感情が去来する(∪´ω`)の胸に去来する。
逃げたい、早くデレシア達のもとへと駆けたい、それを胸の奥へと押し込める。
葛藤している(∪´ω`)の耳には聞こえた言葉に戸惑う。
道案内をしてくれないか?
オロオロしながら近づく(∪´ω`)の目に映る男は遠くから見ていたのでは解らない程大きかった。
落ち着きがない(∪´ω`)を( ΦωΦ)何も言わず手を差し出す。
差し出された手を少し考えて差し出された手を握り返した。
ロマネスクの手はゴツゴツとしている男の手はデレシアやヒートと手をつない時とは違う。
でも共通していることはブーンの手を包み込むように握られる手はとても暖かだ。
道案内の道中で互いに自己紹介をかわす。
( ΦωΦ)との会話はとても楽しく、しりとりを頼んでも嫌な顔しないで、いいと言ってくれた。
(∪´ω`)から切り出した悩みを真摯に答えてくれるロマネスクの姿に(∪´ω`)は、どことなくデレシアに似ていると感じる。
楽しい時間はつかの間で、( ΦωΦ)が話を打ち切って、不安がる(∪´ω`)の頭を撫でる。
何処かへ去っていく彼の姿に、心細くなった(∪´ω`)はデレシア達のところへと戻る。
(∪´ω`)を見つめるその後ろ姿には気づかなっかった。
いつからか感じる視線から逃れようとしても離れない。
体の疲れなんて気にしてられない、心にいろんな感情が重くのしかかる。
不安に押しつぶされそうなブーンの目にデレシア達が映った。
さっきまで苛まれていた不安や恐怖が消えてしまった。
まるで自分のことのように喜んでくれる彼女達の笑顔を見ていると、不思議と喜びが抑えれられなくなった。
だから、彼女達の笑顔に負けないような笑顔を伝えたい。
ただいま―――と。
2013/11/02(土) 02:55:10 | URL | 名無し #-[ 編集]
創作板云々のレスは自分も見たけど複雑だったな
好きな現行なので次回の投下もめげずにがんばってください
2013/11/03(日) 01:40:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。