やぁ
2012年 02月 21日 Tue
反省
一ヵ月単位とか言っていたくせにこれですよ

と云う訳で投下しましたAmmo→Re!!のようです第二章
URL

二章

以下、ネタバレ等を含む独り反省会



















第二章で登場した人物

( T_フT) フランク・チシット

 The 主人公にいそうなヘタレ

使用した大型AAは、ダメ主人公皇帝の地位にいる「鳴海孝之」の物です

名前は適当に考えたんですが、ファミリーねむの部分にあるチシットは、チキン・シット(臆病者)を縮めたやつです

その名に恥じない人物となっています

倒れているAAでもっとまともなのなかったの? とレスをいただきましたが

でも倒れているAAと言ったらBONOのあれしか思い浮かばなかったので、あれを使いました


ノパ⊿゚) ヒート・オロラ・レッドウィング

img0502c.jpeg

 The 新キャラ

ζ(゚ー゚*ζとは異なる種類のお姉さん

優しくて凛としているけど、怒るととんでもなく恐いタイプのお姉さん

詳しい所は語りませんが、名前の由来はそのまんま

好きな靴のブランドから取っています

そして余談ですが、作中でノパ⊿゚)が履いているロガーブーツは

レッドウィングの 2218 をイメージしています


瓜゚ 」゚) スティーブ・マウル

ヤンキー

それ以上でもそれ以下でもないヤンキー


(゚ム゚" ) ニコライ・シモノフ

カラシニコフの愛好家。

でもこの世界にロシアは存在しません。


(::・,Θ・:) ディーダン・ブランケット

最早感覚だけで付けた名前のキャラクター

イメージ図としてはハガレンに出て来たあの神父

ロリコン


(*゚ー゚) メリー

割愛


その他モブキャラ

次回の活躍に御期待下さい


物語の進行

 第二章は緩やかに物語が進む話でしたので、第一章と違って派手さに欠けています

ただ、前よりもカットインの数が増えています

起伏があまりない話だったので、読者の方には退屈だったかもしれませんが、次に期待して下さい!


 オリジナルAAが多数登場していますが、これからも更に増える予定です





 VIPに猿はもういないと言ったのは誰だあああああああ!

 何回も猿食らったよ! 嘘じゃないよ!

 二分間隔で投下して早めに終わるぜヒャッハーとか思ってたら!


 あの忌々しい猿が! 現れたんだ!


 と云う事で、これからVIPに投下する方はお気を付け下さい

 他のスレに何度か書き込みをして、大体5分ぐらいで復帰できました

 そして二度の投下で再び猿ったと云う

 もっとクオリティをあげれば猿食らう心配が無いので、精進します


ζ(゚ー゚*ζと(∪´ω`)

img0512.jpeg

 自分の中では安定して使える二人

今回は新キャラの登場で若干影が薄くなりましたが、次からは元通りとなります


次回の予定

 三章は書き終わっていますが、

一応の節目となる四章が終章と合わせて投下するので、書かねばならない量が多いです

とりあえず、それが書き終わるまでは三章を投下しません

それに整形作業も残っているので、今度こそ一ヵ月以上空きそうな気がします


 個人的な理由で身の周りが大変な事になっている為、執筆の方に時間を割くのが難しいです

書きたい時に書きたい事を書きたいように書く姿勢で、気長に続けて行こうと思います



以下、コメ返し



>>774さん

 間もなく完結から一年だと考えた瞬間に戦慄しました、初めましてこんにちわ。

 大変な褒め言葉をありがとうございます! そう言ってもらえるのを心待ちにしておりました。
ダイハードいいですよね、ただ、あの声優さんが亡くなったのが悲しい限りです。
未だに何でタイトルが 4.0← なのか分かっていませんが、ダイハード大好きです。

 作者読みをしていただける日が来るとは思いもしていませんでした。
作風が全く安定していないので、大変だったと思いますが、読んでいただきありがとうございます。

 学園歯車の様な日常系と言ったらシスコン三部作でやりたい事を全てやり尽くしたので、今後書くのは難しいと思います。
地の文が自分の得意な書き方ではないので、結構大変なのです。
そして日常系の書き方を全く知らないので、結果的につまらない作品になってしまう可能性が高いです。
とはいえ、要望があるのであれば、また、あのような一人称の作品を書いて見ようと思います。

 自分も気が向いた時に書くので、774さんも気が向いた時に読んで下さると幸いです。


 話は変わりますが、アクション映画好きと勝手に判断して勝手にお勧めの映画を書いておきます。


ザ・ロック
→ショーン・コネリーと髪の毛のあるニコラス・ケイジが活躍します


パリより愛を込めて
→何だか知らんが兎に角よし!


ヒットマン
→禿が格好いいです


ランボー~最後の戦場~
→ランボーォォォォ!!!


沈黙の戦場
→自分の見て来た戦争映画の中で一番暗い


ラッキーナンバー7
→ブルース・ウィリスが出てきます、そしてやられたあああ!!となる映画


シューテムアップ
→アクション好きなら絶対に見て損はしません。


300
→肉だ! 男だ! 血と汗だ!


特攻野郎Aチーム
→戦車で飛んでいるのよ


ザ・シューター~極大射程~
(原作はスティーブン・ハンターの「極大射程」)
マイ・ボディーガード
(原作はA.J.クィネルの「燃える男」)

この二つは見た後に原作を読んでいただきたいです。
決して読んだ後に見ない様にして下さい。
両者とも全くの別物です。






逆に個人的に失敗した映画


マックスペイン
→金と時間を返せ!

ハート・ロッカー
→狙撃シーン以外蛇足、時間の無駄。
 アバターの方がまだ面白いと胸を張って言える。
 特に大佐のしぶとさは映画史に残るレベル。

グリーン・ゾーン
→( ^ω^)・・・

シューティング・アップ
→騙された俺が悪かった

ウォンテッド
→主人公の吹き替えが最大の害悪、聞いていて腹の立つ珍しい声。
 声を聞いた瞬間に、あぁこいつは嫌味なキャラなんだなと思ったら主人公だったでござる。
 途中で思わず英語音声に切り替えるレベルの吹き替えです。

 それ以外は面白かったです
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する